怒るのは禁物! 果物の汁がついた時折落ち着いて対応しないと大変なことに

 狼狽えるとろくな案件にはならないという良い実例をやらかしてしまいました。うっかりと白いシャツにブルーベリーの果汁を付けてしまったのです。シャツにはしみがついてしまい落ちなくなってしまいました。

 生のブルーベリーを頂き、加工していない生のグレードを見極めるのは滅多にないので見晴らしつつ指でつまんでたべていました。今日思うとこれが思い違いの誘因だ。「生のブルーベリーはほとんど香りとかしないし、軽々しくも薄いかも…」などと思っていたのにバチが当たったのかどうか(汗)。情熱が入りすぎたのか、ぷにっとなかば潰れかけて指から落ちてしまいました。堕ちた行く先は着ていた白いシャツの袖口。見る見る間に紫のしみになってしまいました。
 大慌てで流しへ行って、流水と石鹸でもみ洗いをしたら、これが大思い違いの元でしみが次々広がって行ってしまったのです。石鹸の感化なのかしみの色調は紫から淡青になったので幾分目立たない気もするのですが、もみ洗いをしたせいでしみが元の2〜3ダブル間近に広がってしまいました。更に目立ってしまいショックです。

 そういえば、と過去見たテレビでしみの落としクライアントの特集のら、「しみは揉まないように。布を敷いてそれに色調を移すようにすると素晴らしい」と言うのをがっかりして掛かる最中に思い起こし一段と窪みました。なるほど…、洗う前に思い起こしたかった精通だ。

 あわてると分かっていたつもりの事もすっぽり抜けて、大失敗をして仕舞うというチャレンジをしました。今後は何か起きても、姿勢を誘い出す前に最初呼吸してみてソリューションを考えて行動したいだ。…先、何か色調が濃いものを採り入れるときは、白賜物のウエアは避けます(泣)。
 顔脱毛 料金